導入のスケジュール - 人事評価制度.com

導入スケジュール

基本的な進め方

弊社コンサルタントが訪問して、お打ち合わせを進めさせていただきます。
標準的な作業としては3時間の訪問×7回で作業を進めてまいります。
各回の終了時にプロジェクトチームでの作業確認およびコンサルタントからの資料送付をさせていただき、作業進捗をサポートさせていただきます。

プロジェクト期間としては、6カ月が標準となりますが、ご要望に合わせて、調整させていただきます。

人事評価制度の構築手順

STEP.1ヒアリングと導入ガイダンス・モラールサーベイ(従業員意識調査)の実施

  • 第三者であるコンサルタントを通じて、客観的な視点からヒアリングを行います。
  • また他社事例の紹介も含め、人事評価制度の効果や制度設計の方向性についてコンサルティングを進めさせていただきます。
  • アンケートで従業員の本音を引き出し評価項目へのフィードバックを行います。

STEP.2人事評価制度の枠組み決定

  • 等級・昇格条件・滞留モデル年数などを決める「職能フレーム」を作成します。
  • 等級制度における基準となる「職能要件書」を作成します。

STEP.3職務分析と評価項目の作成

  • 等級ごとの評価項目の配分を決定します。
  • 評価項目を作成し、等級ごとに職務査定表としてまとめていきます。
    (他社事例のご紹介など、作業がスムーズに進むようにサポートさせていただきます)

STEP.4賃金分析、労務リスク対策

  • 現状の賃金状況を把握するため賃金分析を行い、賃金シミュレーションを行います。
  • 残業や労務リスクの洗い出し、不利益変更への対策を進めます。

STEP.5賃金制度設計 ※賞与・退職金の設計(オプション)

  • 企業実態に最適な賃金制度を探り出し、分析をもとに、賃金テーブルを作成します。
  • 形骸化した手当の見直しや残業対策も、労働法令に配慮しながら進めてまいります。

STEP.6考課者訓練の実施

  • 管理職の皆様に、マネージャーとしての自身の役割に気づいていただくための研修を行います。
  • 人事評価と指導のノウハウについてもポイントを絞って指導いたします。

STEP.7社員向け説明会の実施

  • 人事評価制度の透明性を高め、社員に浸透させるために、説明会を実施します。
  • ツールのご提供、説明会の開催を通じ、制度の浸透を強力に支援いたします。

弊社の専門コンサルタントが、設計から導入までスムーズにご案内します。

導入後も、ご要望に合わせて、従業員意識調査や評価項目の見直しを承っております。
さらなる体制強化に向け、就業規則や社内規定の整備などもご用命ください。

ページの先頭へ

モチベーションアップの人事評価制度のお問い合わせはこちら

受付時間 9:00~18:00(平日)

電話
03-5405-2815
06-6535-8828